トップページ > 静岡県

    このページでは静岡県の分譲マンションのオンライン査定におすすめの不動産一括査定サイトをランキングで紹介しています。
    「静岡県にある分譲マンションのオンライン査定ができるおすすめの不動産一括査定サイトはどこ?」ということが知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの不動産一括査定サイトを利用してみてください。

    分譲マンションのオンライン査定を依頼してあなたが所有しているマンションを高く売るために必要なことは、「静岡県にある複数の不動産会社に分譲マンションのオンライン査定を依頼して、その査定額を比較検討する」ということです。
    手間や時間を惜しんで、1社のみに査定をお願いしたり、知り合いに紹介してもらった不動産屋で査定依頼をしたりというのは確かに手間はかかりませんが、不動産業者間での競り合いが起きないので間違いなく損をします。

    ですが、不動産一括査定サイトなら完全無料で入力も簡単です。しかも、静岡県にある複数の不動産会社から提示された査定額を比較することができます。

    「分譲マンションのオンライン査定を利用して自分が所有している静岡県のマンションを高く売りたい」と思っているなら賢く活用したいサイトです。
    分譲マンションのオンライン査定から売却というのは大きな金額が動くイベントなので、静岡県にある分譲マンションをできるだけ損しないように適正価格で売却しましょう。そして、そのお金を将来のために有効活用してください。
    マンションナビ

     マンションナビは、そのサービス名から見受けられるようにマンションが専門のマンション売却の一括査定サービスサイト。
    マンションを一括査定するのに必要な査定項目の入力も45秒あれば完了しますし、パソコンで自宅から一括査定の申し込みが出来ます。

    マンションの売却を専門的に取り扱っているので、分譲マンションの売却が得意な会社が集まっており、大手や地域の不動産会社の登録企業700社以上の中から一番適した不動産会社を最大で9社紹介してくれます。
    年間利用者数も360万人越えで、テレビや週刊誌でも紹介されるほどの人気のサービスなので、「今自分が所有している分譲マンションを出来れば高く売りたい」と思っている場合は活用してみて下さい。

    それと、他のオンライン査定サイトと違う部分として賃貸価格の相場も分かるので、「数年地方に行くんだけど、いつかまた住むので売るのはちょっと…」と思っている人にもおすすめのサイトです。






    イエウール

     イエウールは、他の不動産の一括査定サイトと比べてみるとわりと新しいサービスにはなりますが、参画している不動産会社は全国1400社以上というところがおすすめできるポイントです。
    さらに、実際にオンライン査定を使った利用者の方から苦情・クレームの多い不動産会社はイエウールから契約を解約する事ができるようになっている為、評判の悪い不動産会社は排除され、優良な不動産会社だけを残していけるシステムになっています。

    大手の不動産会社から地場に根強い不動産会社まで手広く加入しているので、「自分が所有している分譲マンションを適正価格で売りたい…」と思っているのであればおすすめのオンライン一括査定サイトです。

    必要事項を入力するのも60秒あれば査定を依頼できるくらい簡単になっていて、最大6社の不動産会社から出される査定金額を比較することができるのです。当然、全国に対応しており無料で利用できます。今勢いに乗っているサービスなので、これからユーザーも増加すると推測されます。






    イエイ

     イエイは、サービスを始めてから10年以上の運営実績があり、400万人以上の方が利用している不動産売却のオンライン査定サービス。
    長期にわたる営業実績があるので、登録している不動産会社の数も1000社以上と大変多く、最大6社まで分譲マンションの査定額を比較することができます。

    もちろん、ブラック企業は完全排除。長期にわたる不動産の売却で生成されたネットワークがあるので、選び抜かれた高評価の不動産会社だけを登録しているのです。

    国内主要大手はもちろんのこと、地域密着型の不動産会社からの査定金額も比べる事ができるので分譲マンションの市価などの情報を得るためには活用する価値のあるサービスです。
    公式のサイトでは実際に分譲マンションの売却で高く売る事に成功した利用者の感想と査定価格も載っているので是非ご覧になってみて下さい。






    スマイスター

     スマイスターは、サイト開始から12年運営されている実績のある不動産のオンライン一括査定サイト。
    個人情報保護にも力を注いでおり、プライバシーマークの認定を受けている企業なので安心できます。

    利用者数は既に440万人を超えており、加盟している約1400社以上の不動産会社から最大で6社まで分譲マンションの査定依頼が可能です。
    「分譲マンションの売却は各会社で数百万も差が出ると聞いたので損をするのは避けたい」と思っているのなら、1社だけで済まさず多くの不動産会社に査定して貰うことが出来るオンライン一括査定サイトを有効活用してください。

    公式のサイトでは入力時間最短45秒で複数の不動産会社の査定価格を比べることが出来るのでおすすめしたいサイトです。
    スマイスターのオンライン査定サービスを利用して不動産会社とのご契約後、10分程度の電話取材に協力すると5000円分のギフトカードが貰えるキャンペーンを実施しています。






    スモーラ

     スモーラは、全国にある一戸建て、土地、マンションの相場が今すぐ分かる分譲マンション売却のための一括査定サービス。
    分譲マンションの今の売出価格をいままでの莫大な取引事例から特別な計算ロジックで算出します。

    参加している不動産会社は全国から評価の高い2500店舗を厳選し、最大9社(売買6社+賃貸3社)から分譲マンションの査定額を算出してもらえます。
    もちろん、地方にも対応していて完全無料で使えます。

    分譲マンションのオンライン査定を依頼する方法もかんたんで、査定をお願いしたい分譲マンションの情報と連絡先を入力するだけの45秒無料査定です。
    「生活環境が変わったから分譲マンションの売却を検討してるけど、どの不動産屋に依頼すればいいのか分からない…」ということなら利用してみることをおすすめします。

    公式サイトでは、実際に分譲マンションの売却に成功した「この金額で売却できました!」という成約事例が掲載されていますので、一回確かめてみてはいかがでしょうか。






    不動産売却コラム

    債権者による抵当権がついていない土地家屋なら気にする必要はありません。

    ただ、住宅ローンの支払いをまだまだ残している家となると難しいです。

    原則として抵当権つきの不動産の場合、売ろうと思っても売ることができません。

    残る手段として有効なのが任意売却制度です。

    債務者と借入先金融機関との橋渡しとしてプロの仲介者を頼み、通常の不動産取引と同等の額で売買できるようにするのです。

    毎月の返済が苦しくなった時、競売に代わる最も有効な選択肢です。

    家を売却する場合、住宅ローンの支払いが残っているときは、一般的にはローンの残債を全て支払った上で、売却という手続きをとります。

    仮に残債務を完済できずに住宅を手放さなければならない時には金融機関用語でいう任意売買となります。

    住宅の売却益を得たらローンの残債を最優先で返すという条件で、金融機関から特例として売却許可を取り付けます。

    売却益を充てても完済できない場合、差額は債務(借金)として返していきます。

    毎年2月から3月にある確定申告は、年間所得を計算し税額を申告するものです。

    会社に雇用されていて源泉徴収で納税している人などは、本来の税額との差を精算することができます。

    確定申告で所得とされるのは給与や配当以外に、住宅売却で得た利益も申告する必要があります。

    税率の優遇を受けられる5年超所有した物件でも、所得税に住民税を加えた税率は20%にもなるため、負担は覚悟しておきましょう。

    今後、不動産物件の売却を考えている方へ売却の流れをご説明します。

    まずは売却予定の物件を査定してもらいます。

    その後、売却可能価格の目安を出してもらえるので、納得できる額であれば契約しましょう。

    会社が広告を出すので、購入希望者が出るまで待ちましょう。

    けれど、予定の価格を引き下げなければならなくなったり、買手が決定するまで長い時間がかかるケースもあります。

    買手が見付かったら、支払い手続きをし、売却金を手にすることができます。

    これが大まかな流れになります。

    住宅売却は高額ですし、条件設定の詰めが甘くて問題が生じるケースはたまにあります。

    たとえば初歩的な確認漏れや、勘違い、小さなミスなどが重なったことなどによります。

    気持ちが舞い上がりがちですが、条件確認はしっかり行い、記録しながら話を進めると良いでしょう。

    わからない点や曖昧な部分はどんどん質問するなどして、不安は払拭しておきましょう。

    放置していると困るのは自分ですし、初期なら訂正で済むことがほとんどです。

    一軒家を売って得た代金から、売却にかかった経費やら購入費やらを差し引いたもの、これが譲渡所得です。

    これは、所得税(正確には譲渡所得税)の課税対象です。

    その税率はというと、その物件を所有していた年数が5年以下(短期譲渡と言います)の場合と長期譲渡(所有年数が5年以上)とで変わってきます。

    短い方が税率が高いのです。

    また、物件がなかなか売れず経費がかさんでしまったり、その他もろもろの事情でマイナスになってしまい、むしろ譲渡損失となってしまうことがあります。

    この場合は長期譲渡の場合だけですが、その損失の損益通算と繰越控除の特例が適用されるので、利用しない手はありません。

    もし不動産の売却を考慮しているなら、築年数の関係が気にかかりませんか。

    事実、築年数次第で売却価格は変動します。

    例を挙げると、築10年が経つ戸建ては多くの場合で建物の査定価格はゼロになり、一般的に土地の価格だけになります。

    同じように、マンションでも築年数が浅い方が受けがいいことに変わりはありませんので、一戸建てと同じように、築10年がボーダーラインになっています。

    不動産の売却に際し、なるべく良い不動産屋を選ぶために重要となるのは、物件の売却に不動産屋の強みを活かせるかどうかです。

    マンションや一戸建てなど不動産屋によって得意分野が違うため、自分が所有している物件に適合する不動産屋を選ぶことが必要なのです。

    それから、その不動産屋が全日本不動産協会といった団体に加わっているか否かも、任せても心配ない業者かどうかのよい判断材料になります。

    気付かずに脱税してしまう恐れもありますし、不動産物件を売ったら確定申告がやらなくてはいけないことの一つになります。

    もし、不動産物件を売ったことで、売却益を得られたとしたら、忘れずに確定申告を行って、「譲渡所得税」を納めることになります。

    残念なことに赤字になってしまったとしても、しっかり確定申告をしておけば、節税になる事例もあるといいます。

    売却益が出たにしろ、売却損が出たにしろ、不動談物件を売買した際は、きちんと確定申告を行うと後悔しないでしょう。